本物の成功者であるメンターから居眠りをしながら成功する方法を学んでいます

猿田信司の成功するブログ

コラム

他県ナンバー狩りなんて狂ったことが起こるのが今の日本です

新型コロナウィルス(COVID-19)により、
混乱の度合いが、日々増していますね。

緊急事態宣言も、延長が決まり、
誰もが感染に恐怖しています。

そんな中、Twitterのトレンドで、
「他県ナンバー狩り」という
謎の言葉が上がっていました。

「~~狩り」なんて、ヤンキー漫画の
「ボンタン狩り」くらいでしか
聞いたことありません(古)

そこで、「他県ナンバー狩り」について、
少し調べてみました。

興味があったら、読んでみてくださいね。

他県ナンバー狩りとは?

調べてみると、どうも他県ナンバーの車に対して、
窓ガラスにヒビをいれたり、ドアミラーを壊したり、
投石したりといった、頭のおかしいことが、
全国的に行われているようです。

ゴールデンウイークで遠くから来た人、
ということで、いやがらせなどの
攻撃対象になっているみたいです。

そして、「他県ナンバー狩り」対策として、
こんなこともあるそうです。

県外ナンバーだけど「在住者です」 嫌がらせ対策で表示

全国的に新型コロナウイルスの感染が拡大する中、
県外ナンバーの車に乗っている市民に対する嫌がらせを防ごうと、
徳島県三好市は、県内在住者であることを示す表示デザインを作成し、
市のホームページに掲載した。

無料でダウンロードして印刷してもらい、
ダッシュボードに置くなど自由に使ってほしいという。

引用元:朝日新聞 県外ナンバーだけど「在住者です」 嫌がらせ対策で表示

あなたには信じられないかもしれませんが、
これが日本人の本質です。

ここまでの攻撃ではなくても、
お店によっては「他県ナンバーお断り」
というのもあるようで、
それも本質的には同じです。

今は、日本人同士、助け合わない
といけない時期だと、私は思うのですが、
実際は監視しあい、攻撃しあっています。

 

まるで、太平洋戦争の時の、
「非国民」を思い起こされるのは、
私だけでしょうか?

 

どうやらこれも、マスコミによる、
パチンコ店が開いているといった報道で、
「駐車場に他県ナンバーの車がいます!」と
言っていたのが原因ではないか、と言われています。

アメリカでも同じようなことが

驚くべきことに、
アメリカでも、
同じようなことが起こっています。

コロナウイルス感染拡大で米国では「ニューヨーク市民狩り」が始まった 日本でも“東京都民お断り”?

「ニューヨーク市民狩り」を始めたロードアイランド州知事

ニューヨークから大西洋沿いに北東へ3時間ほど車を運転すると、
ロードアイランド州に達する。

米国で最も面積の小さな州で、
人口も100万人ていどだが
独立時の13州の一つだ。

映画「真夏の夜のジャズ」の舞台だったり、
ヨットレース「アメリカズカップ」の発祥地で、
米国東部の避暑地として富裕層の別荘が多い。

そのロードアイランド州のジーナ・レイモンド知事が
「ニューヨーク市民狩り」をはじめた。

同州の警察と州兵が家を一軒一軒捜索してゆき、
ニューヨークのナンバーの車が停まっているのを見つけると
住民に14日間の自主的な隔離を命じてゆく。

引用元:FNN PRIME ONLINE
コロナウイルス感染拡大で米国では「ニューヨーク市民狩り」が始まった 日本でも“東京都民お断り”?

この記事は、一か月ほど前の記事ですが、
壊滅的な打撃を受けているアメリカでも、
同じようなことが起こっていました。

ほかにも、感染拡大当初、
アジア人に対する攻撃もありましたから、
こうなると日本人というより、
人間の本質なのかもしれません。

怒りの裏には恐怖が隠れている

このような「他県ナンバー狩り」は、
怒りによって行われています。

そして、その怒りは、
裏にある恐怖から起こっています。

 

今回の「他県ナンバー狩り」で言うと、
新型コロナウィルスに感染して死ぬ恐怖が、
怒りに変わり、物理的な破壊行為を起こしています。

本当に、新型コロナウィルスに感染して死ぬような人は、
こんな破壊行為ができるほど、元気じゃないので、
実際は、感染しても死なないであろう人が、
必要以上の恐怖を感じています。

 

普通に考えると、狂っていますが、
恐怖で思考停止して狂ってしまった人は、
自分が狂っていることを理解できません。

狂ってない人は、
見ず知らずの他人の車を破壊する、
なんてことはしません。

しかし、現在は、新型コロナウィルスにより、
狂った人がすごい勢いで増えているのが実態です。

狂った世界で狂わない方法

この狂い始めた世界で、
狂わないでいるためには、
恐怖を捨て去ることが必要です。

恐怖をあおる、支配層、
マスコミといった情報を断ち、
冷静に楽しく笑って生きていれば、
狂うことはありません。

くだらないニュースを見るくらいなら、
自分が好きなものを見たり聞いたりした方が、
精神安定上も良いです。

恐怖を手放し、狂った世界で、
まともな思考力を持って生き抜きましょう!

 

最後までお読みくださり、
ありがとうございました。

-コラム

Copyright© 猿田信司の成功するブログ , 2020 All Rights Reserved.