本物の成功者であるメンターから居眠りをしながら成功する方法を学んでいます

猿田信司の成功するブログ

コラム

新型コロナウィルスはパラダイムシフトのために必要なのかもしれません

現在、世界的な大混乱を起こしている、
新型コロナウィルス騒動です。

日本でも、緊急事態宣言があり、
遊ぶところや、生活に必要ないお店は、
どこも開いてない状況になりました。

私が住んでいる福岡県も、
緊急事態宣言により、
今日から様々な施設の
休業要請がありました。

しかし、対象の施設は、ほぼ
緊急事態宣言の前から、
自主的に休業していました。

 

目にも見えない、小さなウィルスで、
世界的に見ても、これまでに
見たこともないような状況になりました。

しかし、この新型コロナウィルス騒動も、
考え方によっては、パラダイムシフトのために
必要なことなのかもしれません。

私見ではありますが、新型コロナウィルスが
パラダイムシフトに必要なのかもしれない、
というお話です。

よかったら読んでみてくださいね。

世界は困難を乗り超えて発展してきました

私たちが現実化しているこの世界には
必要なことしか起こらない、と
私は考えています。

そしてこれまでも、困難が起こっても、
様々な困難を乗り越え、
文化を発展させてきました。

 

まだ、ウィルスの概念がなかった、
1918年から大流行したスペイン風邪では、
5億人が感染し、1700万人~5000万人
が亡くなった、と言われています。

後に、研究が進み、スペイン風邪は、
インフルエンザウィルスのパンデミック
だったことがわかりました。

インフルエンザのワクチンが作られ、
毎年流行はするものの、
世界規模での死者数は年間50万人~100万人と、
死者数を大幅に減らすことができるようになりました。

 

大きな困難である、疫病、
地震や台風といった自然災害、
戦争ですら、私たちは乗り越え、
文化を発展させてきました。、

新型コロナウィルスという新たな困難

そうなると、今回の新型コロナウィルス騒動も、
この世界に必要だったから起こった
とも考えられます。

 

今回の新型コロナウィルス騒動では、
他人との接触を減らすため、
自宅で仕事をするテレワークが
日本政府でも推奨されています。

まだ、テレワークが適応されているのは、
一部の企業だけではありますが、
実際に行われています。

これまでの日本で、当たり前だった、
「会社員は通勤して会社で仕事をする」
という常識が、大きく変わりつつあります。

5Gといった通信環境の向上や、
コンピュータの性能向上などで、
この流れは加速していくでしょう。

通勤する必要がない働き方、というものに、
今回の新型コロナウィルス騒動が起こったことで、
変わらざるを得なくなった
と言ったほうがいいのかもしれません。

 

今回の新型コロナウィルスも、
後にワクチンや特効薬が作られ、
恐れる病気ではなくなる時が来るでしょう。

しかし、新しいウィルス、疫病
といったものは、また同じように現れます。

その時に、今回の新型コロナウィルスで得た、
人と会わなくていい働き方、テレワークは
新しいウィルスに対しても有効になるでしょう。

この新しい流れに乗れない会社は潰れていきます

そして、これから、この通勤しない働き方、
という流れに乗れない会社は
どんどん潰れていくことが、
予想されます。

テレワークといった新しい働き方に、
適応できる巨大企業は生き残り、
適応できない中小零細企業はどんどん
潰れていく時代になります。

旧態依然とした、日本での価値観である
「会社に通勤しなければならない」
といった考えを持つ企業は、
大企業であっても生き残れないんじゃないか、
と私は思います。

 

そういった、適応できない企業が無くなることで、
企業に所属しないフリーランスがどんどん増え、
自宅で仕事をすることが、
当たりまえの世界になります。

これも、今回の新型コロナウィルス騒動が、
考え方や価値観の大きな変化、
パラダイムシフトが起こるために必要であった
と後に言われるのかもしれません。

パラダイムシフト後の世界で生き残るために

パラダイムシフト後の世界で
生き残るためには、
先を読んだ行動が必要です。

会社に所属せず、自宅で、
独りでも収入を得られる人間になる。

そのためには、信頼できるメンターから
日々学び、自分を向上させていく
という覚悟を持ち、行動することが重要です。

 

今回の騒動を、ただ悲観的になるのではなく、
チャンスであることに気づいて、
大衆の逆を行く考え方を手に入れましょう。

 

最後までお読みくださり、
ありがとうございました。

-コラム

Copyright© 猿田信司の成功するブログ , 2020 All Rights Reserved.