本物の成功者であるメンターから居眠りをしながら成功する方法を学んでいます

猿田信司の成功するブログ

自己啓発

神田昌典さんの「成功者の告白」で成功の裏側を学びました

私のメンターである、松田豊さんの、
ライブ配信でご紹介いただいた、
神田昌典さんの「成功者の告白」を読んでみました。

私は、メンター以外の情報は、
基本的に遮断しているので、
神田昌典さんという人をよく知りませんでした。

しかし、かなり有名な方のようですね。

私は、ライブ配信の最中に、
Amazonで検索して、即購入しました。

最近読み終わり、
ものすごくおもしろかったので、
あなたにも紹介します。

よかったら読んでみてくださいね。

成功者の告白とは

この本は、よくある自己啓発書ではなく、
モデルはいますが、小説です。

起業した主人公”タク”の、
成功と成功についてくる
家族の問題をテーマにしています。

 

大会社から転職し、入社したばかりのベンチャー企業で、リストラにあい、
子会社へ転籍するか、辞めるかを選択せざるを得なくなった”タク”が、
独立起業し、自分のアイディアで会社を大きくしていくのですが、
成功の裏側にある問題が書かれています。

普通は、「起業して成功した」、
というところで終わる物語が、
その一時的な成功の後に起こる、
さまざまな問題が描かれています。

家族の問題、女性問題、会社組織の問題・・

そして、その問題には、
ある程度パターンがあり、
誰もがそのパターンにおちいり、
辞めてしまう。

メンターの存在

”タク”には、以前大会社にいた時の上司で、
今は独立している”神崎”
というメンターがいます。

”タク”がさまざまな問題に直面した時、
”神崎”から教えを請うことで、
その問題を乗り越えていきます。

このメンターから、問題が起こるパターンを学び、
メンターが言うとおりに、
さまざまな施策を行うことで、
解決していきます。

 

物語終盤でわかるのですが、
このメンターである”神崎”自身が、
問題パターンにハマってしまい、
つらい思いをしていたことがわかります。

これまでの教えが、自分と同じ轍を踏まないよう、
本に書いてあることではなく、
自らの経験からの教えであったことが、
”タク”にも終盤でわかることになります。

読んでみて思ったこと

この「成功者の告白」で書かれているお話は、
独りビジネスという見方では、
あまり参考にはならないかもしれません。

しかし、ビジネスそのものではなく、
成功に伴って起こること、
についてはとても参考になります。

 

自分が成功することで、
自分の子供が病気になる、
というお話をあなたは信じますか?

因果応報というか、
プラスの力が働くと、
それと同じ力で、
マイナスの力も働く。

これもパターンの一つなのですが、
このパターンを知っているか、知らないかで、
対応が大きく変わります。

成功することで起こる、
マイナス要素。

小説の体になっていますが、
作者の神田昌典さん自身の体験であることが、
最後まで読むとわかります。

 

小説としても面白く、おすすめです!

あなたも、神田昌典さんの「成功者の告白」
を読んでみませんか?


成功者の告白 (講談社+α文庫)

最後までお読みくださり、
ありがとうございました。

-自己啓発

Copyright© 猿田信司の成功するブログ , 2020 All Rights Reserved.