本物の成功者であるメンターから居眠りをしながら成功する方法を学んでいます

猿田信司の成功するブログ

自己啓発

堀江貴文さんの「時間革命 1秒もムダに生きるな」で時間の大切さを学びました


時間革命 1秒もムダに生きるな

堀江貴文さんの本は、読みやすいのと、
面白くて、つい読み進めてしまいます。

この本も、買ってから
2日で読んでしまいました。

今回は、「時間革命 1秒もムダに生きるな」
について、お話しします。

タイムイズライフ

この、「時間革命 1秒もムダに生きるな」は、
堀江貴文さんが考える、「時間」について
書かれている本です。

「時は金なり」という言葉がありますが、
この本の冒頭で、堀江貴文さんは
この言葉を否定します。

「時間」は、お金と同等の価値ではなく、
人間にとって、最も尊いものは「時間」である
というのが、堀江貴文さんの根本的な考え方です。

 

失ったお金は取り戻すことが出来ても、
失った時間は取り戻すことができません。

時間は有限であり、失ったら取り戻せないもの
である、と考え、今の時間を楽しい事で
埋め尽くした方がいい
というのが、堀江貴文さんの主張です。

他人に時間を奪われてはいけない

堀江貴文さんは、時々、
Twitterで炎上することがあります。

最近、話題になった、
「新幹線の座席を倒すのにいちいち確認するな」
というツイートも炎上しました。

賛否両論あって、それぞれの立場から、
いろんな人がいろんなことを言っていました。

しかし、これも、堀江貴文さんからすると、
「確認する」という行為が、
自分の時間を、他人に奪われる行為だ、
という認識をされているのがわかりました。

 

それと、堀江貴文さんは突然の電話も嫌いで、
ほとんど出ないそうです。

電話をする、という行為も、相手の都合を考えず、
相手の時間を奪おうとする行為だからです。

連絡なんて、LINEやメールなどで充分なのに、
わざわざ電話してくるのが理解できないそうです。

私も、突然かかってくる電話は苦手で、
ほとんど出ないので、よくわかります。

 

無自覚に、他人の時間を奪おうとする人、
というのは一定数います。

そういう人は、時間が無限にある
かのように考えています。

これも、マインドの違いなので、
お互いに理解することができません。

そういった、「他人の時間を奪う人」との
人間関係は手放した方がいい、
とおっしゃっています。

 

堀江貴文さんのように、「時間は命のようなもので、
有限である」、というマインドは大切だと思います。

多忙は暇

もう一つ、面白いと思ったのは、
「多忙は暇」というお話しでした。

「忙しくてできません」というような人は、
本質的に暇なので、その暇な時間に
作業を詰め込んで暇を埋めているだけだ、
と、堀江貴文さんは考えています。

自分がやりたい事、楽しい事だったら、
スケジュールが詰まっていたとしても、
「忙しい」とは感じない、
ともおっしゃっています。

今、多忙だと感じているなら、
それは作業で暇を埋めているだけで、
本当は暇なんだ、というのは
面白い考え方だと思いました。

 

確かに、忙しいことを理由にしている人は、
思考停止状態なんだろう、というのは、
私にもわかる気がします。

そして、楽しい事、やりたい事をしている時は、
時間がアッという間に過ぎ去るので、
「忙しい」なんて感じることはないでしょうね。

バカになれという言葉の本質

堀江貴文さんはよく、「バカになれ!」
とおっしゃっています。

この「バカになれ!」を言いかえると、
「この世は無常である」とおっしゃっています。

「この世には常なるものなど存在しない」
と思うことで、目の前にある「楽しい事」に
バカになって楽しむことができる、
ということです。

 

これを、「泡」とも表現しています。

お金やモノ、人間関係といったものも
いつか壊れる「泡」のようなもので、
「泡」なんだから壊れても仕方ない。

「泡」を割れないように、
大事にし過ぎても意味がないし、
割れたからと言って、
必要以上に打ちひしがれることもない。

ただ、次の「泡」、
楽しい事に向かえばいい。

 

本当にすごいと思います。

まとめ

時間は、お金よりも大事なもので、
失ってしまうと、取り戻すことはできないものです。

だからこそ、他人に自分の時間を奪われてはいけないし、
他人の時間を奪うような人と関わってはいけないんです。

そして、「この世は無常」であり、だからこそ
バカになって、目の前の楽しい事に集中しよう。

 

私は、まだ時間について、
甘く考えていた所がありました。

時間が有限であり、多分私の場合、
そんなにたくさんは残っていないんだろう、
と思います。

すごく良い学びになりました。

あなたも、「時間革命 1秒もムダに生きるな」
を読んでみませんか?


時間革命 1秒もムダに生きるな

最後までお読みくださり、
ありがとうございました。

-自己啓発

Copyright© 猿田信司の成功するブログ , 2020 All Rights Reserved.