本物の成功者であるメンターから居眠りをしながら成功する方法を学んでいます

猿田信司の成功するブログ

自己啓発

「悪魔を出し抜け!」は危険な本質をついていました

「思考は現実化する」という、
自己啓発書として、
有名な書籍があります。

あなたも、読んだことが
あるかもしれませんね。

「思考は現実化する」の著者である、
ナポレオン・ヒル博士が、
「思考が現実化する」を書いた翌年である、
1938年に書いた著作が、
この「悪魔を出し抜け!」です。

 

ですが、ナポレオン・ヒル博士の奥さんが、
この「悪魔を出し抜け!」を、
公表することに反対したそうです。

なぜ、公表することに反対したのか?は、
この本を読めば、よくわかります。

この「悪魔を出し抜け!」は隠され、
70年もの間、日の目を
見ることがありませんでした。

 

私は、「思考は現実化する」は、
読んでいましたが、
「悪魔を出し抜け!」は
読んだことがありませんでした。

なんとなく「面白そうだな」
くらいで読んだんですが、
かなり衝撃的な内容でした。

そこで、今回は、この「悪魔を出し抜け!」
を紹介させていただきます。

悪魔との対話


悪魔を出し抜け!

この「悪魔を出し抜け!」は、
書かれた後、70年ほど、
ナポレオン・ヒル博士の親族により、
その存在が隠されていました。

その理由の一つが、内容の8割方を占める
「悪魔との対話」であると言われています。

この本が書かれた当時は、
世界大恐慌の影響を強く受けていた時期です。

現代よりも、この「悪魔」が出てくる著作は、
見る人にネガティブな影響を与える、
と考えたようです。

 

この本は、そのほとんどが、
ナポレオン・ヒル博士と「悪魔」との
対話形式で進んでいきます。

読んだことがある方もいらっしゃるかもしれませんが、
アドラー心理学の本である、「嫌われる勇気」、
「幸せになる勇気」とよく似た感じです。

「悪魔」がその手口を、
ナポレオン・ヒル博士に話させられる、
という内容です。

 

ですが、「悪魔」と言っても、
キリスト教でよく言われている
「悪魔」とは全く違う存在です。

巧妙に人間を操る「悪魔」。

「悪魔」は、どうやって
人間を操っているのでしょうか?

流される習慣が思考を奪う

「悪魔」の目的は、
「流される」人間を作ることです。

「流される」人間というのは、
周りの状況に操られることを良しとし、
自分で考えることを放棄している人間です。

逆に言うと、自分の頭で考える人間は、
「流される」ことはありません。

 

しかし、世の中の大多数の人間は、
自分で考えることはせず、
「流される」人間になっています。

「流される」人間が多いことは、
あなたも感じているのではないでしょうか?

ですが、それも「悪魔」の策略であって、
「流される」人間になるように、
思考を奪うようにしているんです。

流される習慣を作っているのは親や学校や宗教である

その策略というのが、子供に対する、
親、学校の教師、宗教指導者が、
子供が「流される」人間になるようにしている
という仕組みです。

親や学校の教師は、子供のために良かれと思って
子供の自主性を奪い、自分で思考する習慣をも奪い、
「流される」習慣を知らず知らずのうちに手伝っている。

あなたも、昨今の、児童虐待事件にも
つながるところがあると思いませんか?

 

それと、「流される」人間を作る際に、
「悪魔」が利用する人間の感情があります。

「恐怖」、「迷信」、「金銭欲」、「貪欲」、「情欲」
「恨み」、「怒り」、「虚栄心」、「怠け心」
の9つです。

その中でも「恐怖」が最も強く、
その「恐怖」の中でも最悪の恐怖である
「地獄」の存在を喧伝し、
意識に植え付けているのが宗教指導者です。

これが、ナポレオン・ヒル博士の見解です。

 

そして、この本が隠された、もう一つの大きな理由が、
この「親、学校の教師、宗教指導者が、子供の思考を奪い
流される人間を作っている」という所だと思われます。

「悪魔」自身も、このことを公表すれば、
公表した人が何百人もの人間から恨まれる、
というようなことを言っています。

ナポレオンヒル博士自身も、この内容が、
物議をかもしだすことがわかっていて、
奥さんから公表を止められたのにも、
納得したようです。

 

ですが、私は、「かなり本質をついている内容だな」、
と思いました。

子供を教育する、という名目で、
親の理想に合うような育て方をしている人は、
たくさんいると思います。

教育ママ、というのもそうですね。

しかし、それは、子供の自主性を奪っていて、
子供から自分で考える力を奪っている、
というのは納得できます。

まとめ

ここから、この本のお話しは、
「どうすれば流されない人間になれるのか?」といった話や、
「なぜ習慣化するのか?」といった話にもなるのですが、
詳しい内容は、この本を読んでいただけたら、と思います。

 

自分で考えない人間は、
「流される」人間になってしまう。

そして、私たちは、子供の頃から
「流される」人間になるよう、仕向けられている。

 

「悪魔」との対話、というと、
「馬鹿馬鹿しい」と思いがちですね。

ですが、ナポレオン・ヒル博士が、実際に
「悪魔」と対話したのかどうかは、
私はどうでもいいと思っています。

この本は、普通に読み物としても、
とても面白かったので、
私も、ついつい読み進めてしまいました。

あなたも、是非読んでみてください。


悪魔を出し抜け!

最後までお読みくださり、
ありがとうございました。

-自己啓発

Copyright© 猿田信司の成功するブログ , 2020 All Rights Reserved.